[資産運用] 2017年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品

毎回更新を楽しみにしている水瀬さんのブログにて、表題のタイトルの記事がアップされていたので、試しに自分の資産状況も確認しつつ記事にしてみました。

ポートフォリオ

理想のポートフォリオというほどではないですが、ざっくりと日本株式、日本債券、海外株式、海外債券それぞれ均等(25%)くらいが分かりやすくて良いんじゃないかなーと思っているのですが、実際はかなり違うことが分かります(汗)

まず、現状は日本株式の割合が多すぎですね。

これは、自分がインデックス投資を始めたのはまだ最近(2013年くらい)で、それまでは日本株式(と外貨預金)を中心に資産運用していたので、理想とのギャップを埋めきれていないためです。

ポートフォリオを意識しだしたのも、ここ数年ですね。

毎月の積立投資にて、少しづつ海外株式の割合を増やしていこうとしてるのですが、、ペースが遅すぎなのが悩みどころです。

なお、ファンドの海さんに公開されているツールで現状のポートフォリオを確認したところ、「期待リターン:3.61%」「リスク:11:54%」となっていました。

これを理想のポートフォリオ(全クラス25%づつ)で確認すると、「期待リターン:3.67%」「リスク:9.84%」となるようです。

ふむ、なるほど。リターンがあがって、さらにリスクがぐっと下がるという予測。

できるだけ、ここに近づけていきたいところです。

 

2017年12月末時点の主な投資商品

楽天証券さんにて、以下のインデックスファンドを毎月一定額積立投資してます。

・たわらノーロード 日経225

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド

外国株式インデックスに割り当てを多くはしているのですが、理想ポートフォリオに近づけるためには、もっと外国株式クラスに振り分けないといけないとあらためて感じました。

候補としては、最近話題の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」あたりにしょうかと。

 

株式クラス資産の推移

水瀬さんの新著「お金は寝かせてふやしなさい」にて公開されていた資産表に衝撃をうけたと共に、自分の資産運用の結果と見比べてみたくなり、記録が残っている2003年からの資産推移を確認してみました。

前提として、証券口座にある日本株式クラスと外国株式クラスのみを確認した結果です。

さすがに資産額までは公表できないので、元本とリスク資産(評価額)の推移のみです。

“[資産運用] 2017年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品” の続きを読む

[資産運用] 「確定拠出年金の教科書」を参考に運用商品を変更してみた。

きっかけ

最近話題になることが多い確定拠出年金について、今更ながら本を読んでみました。

いくつか読んだ中では、山崎元さんの「確定拠出年金の教科書」が圧倒的にわかりやすかった。

確定拠出年金って何?という基本的な解説はもちろんのこと、お奨めの運用プランをズバリと(彼曰く、論理的に考えたら必ずこの結論になるとまで)書いてあって、とても参考になった。

 

実践

で、久しぶりに確定拠出年金の運用サイトにログインして、自分の選択商品を確認してみたところ、なんと彼がいう「地雷商品」をいくつか選択してしまっていたことが発覚。

あちゃー。

昨今のトランプ相場の好調さのおかげもあって、実はかなりのプラス評価ではあったのですが、銘柄選びをもっとしっかりしておけば、さらに大きくプラスになっていた可能性も・・・。

(って一年前にも同じようなこと書いてる。その当時は最適と思って選んだはずなんんだが購入手数料が2%て・・・。もしや規約が改訂された?!)

 

まぁ、やってしまったものは仕方ない。

これからもまだ続く長い運用期間を考えれば、このタイミングで気づけたことにむしろ感謝。

あらためて自分の選択可能な商品を眺めて、その中ではマシそうな「インデックスファンド海外株式***(DC専用)」を選択。

信託報酬は「年率0.3024%(税抜0.28%)」、購入時手数料はもちろん無料。

 

ついでに、マッチング拠出も限度額いっぱいで申し込み。

 

 

 

これでとりあえずの対策は完了。

また、たまには見返すことにしよう。

 

確定拠出年金の教科書
山崎 元 木口俊也

確定拠出年金の教科書
日本実業出版社 2016-06-09
売り上げランキング : 13237

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

↓の本を最初に読んだが、こっちは初心者向き。

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門
竹川 美奈子

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門
ダイヤモンド社 2016-10-07
売り上げランキング : 2128

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[資産運用] 2016年上半期振り返り

気づけば7月。

ついこの間、お正月で新年の抱負を考えてたはずなのに、もう2016年も半分が経過。

早いものです。

 

 

そんなわけで、2016年上半期を資産運用観点で振り返ってみる。

 

 

プラス面

なんといっても、インデックス投資をしっかり継続できていること。

といっても、毎月一定額をカード引き落とし設定しているので、残高不足にでもならない限り、勝手に継続できちゃうわけですが。

ちなみに、現在の積立銘柄は以下の2つ。

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド

・たわらノーロード 日経225

若干、外国株式の方に多めに割り当ててます。

 

マイナス面

 

ここ数年、アベノミクスにあやかって資産の評価額は堅実に増えてたわけですが、さすがに今年はこれまでのところマイナス。

TOPIXが対年末比で約-20%のところ、自分の資産評価額は-8%程度に収まってるものの、やっぱり資産が減るのは悲しいわけで。

時間を年末に戻せるなら、キャッシュ100%にして今日を迎えられたらどんなに気分がいいだろう、と無駄な妄想をしてみたり。

 

下半期の戦略

イギリスのEU離脱事件があったばかりで先行き不透明感が半端ないけど、以下3点を意識して残り半年を頑張ってみよう。

・毎月の投資信託積立は絶対継続!

・日経平均がここからさらに下がるようなら(目安は15000)、証券口座資産の増額も検討!

・個別銘柄はチャンスがあれば買いまし!

 

その結果として、奇跡の復活・プラス収支達成!

 

・・・最後はただの願望ですが。

 

 

 

 

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
カン・チュンド

4756913016

関連商品
全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)
一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!
新・投資信託にだまされるな! —買うべき投信、買ってはいけない投信
by G-Tools

[資産運用] 2015年の振り返りと2016年の戦略

計画をただ立てるだけでなく、評価(と反省)が大事だなーと思うので、去年の資産運用結果を振り返ってみる。

証券口座の運用パフォーマンス

+12.4%

2014年12月末残高÷(2015年12月末時点残高-自己資金追加額)で計算。

銀行に預けたことを考えたら、十分なパフォーマンスとはいえるけど、TOPIXが「+9.9%」だったので、それは上回った程度。

まぁインデックスファンド中心の資産運用なので、当たり前といえば当たり前。

自己資金追加額は、投資信託の積立設定で毎月コツコツと継続中。

 

証券口座の運用内容

基本は、投資信託の積立設定でほったらかし。

とはいえ、それだと楽しみが少ないので、たまに株の売買を少々。

それでヒットしたものもあれば、痛手を被ったものもあり。

 

2016年の運用計画

ひきつづき、投資信託の積立設定は継続。

現状の積立銘柄は以下の2本だけ。NISA口座に積立設定。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
  • たわらノーロード 日経225

 

もう少し積立額の増額をしてもいいかなと思いつつ、最近は高値圏にある気もするので、一旦は昨年額を継続。

個別銘柄は、最近の市場傾向をふまえて、利確・損切りを早め早めを心がける。

 

なんか、戦略ともいえないレベルの内容だけど、とりあえず記録。

 

ほったらかし投資術を知りたい方は、こちら(↓)の本をぜひどうぞ。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)
山崎 元 水瀬ケンイチ

4022736216

関連商品
全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
ETF投資入門 (日経文庫)
図解 山崎元のお金に強くなる!
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
by G-Tools