[WordPress] プラグインのアップしたらエラーが出た話(解決済み)

事象

ワードプレスのバージョンアップのついでに、いくつかのプラグインのアップデートを実施したところ、以下のようなエラーメッセージが表示されて、ブログが表示されなくなった。

Parse error: syntax error, unexpected ‘[‘, expecting ‘)’ in xxxxx/wordpress-23-related-posts-plugin/config.php on line 130

管理画面すら表示されず、わりと焦る。

 

調査&対応

googleさんに聞いたところ、WordPress Related Postsを使ってるサイトでPHPのバージョンが古いと発生するわりとポピュラーな問題であることが判明。

レンタルサーバ(ミニバード)のPHPバージョンを確認したところ、PHP5.3.3とかなり古い。

運良く、レンタルサーバ側の機能でPHPバージョンをアップデートできるようだったので、PHP7.0.16(推奨バージョン)にアップデートしたところ、、、無事エラー解消!

復活したブログ画面や管理画面を一通り確認して、なんとか復旧できたことを確認(いまここ)。

 

教訓

無用なプラグインのアップデートはやめておこう。

プラグインのアップデート前には、バックアップをとろう(基本)。

 

参考

WordPressのPluginアップデート実施後にサーバーエラーが発生。その原因と対処法

バージョンアップしたらWP RelatedPostsでエラーがでた件

[WordPress] WordPress Related Postsインストール

投稿記事の後に関連記事を表示するプラグイン。

これまでは「Yet Another Related Posts Plugin」ってのを使ってましたが、どうにも関連度が低いように感じていたので、評判のよかった「WordPress Related Posts」に変更してみました。

表示記事数やイメージサイズを簡単に選べて使いやすい。

携帯からもちゃんと表示されてるので、こっちに変更。

 

 

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
中島 真洋  ロクナナワークショップ

4774173800

関連商品
Web担当者のためのWordPressがわかる本 あらゆるビジネスサイトで使える企画・設計・制作・運用のノウハウ
WordPressデザインブック HTML5&CSS3準拠 (WordPress DESIGN BOOK)
jQuery 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
JavaScript 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
ビジネスサイトをこれからつくる WordPressデザイン入門 サイト制作から納品までのはじめの一歩
by G-Tools

[WordPress] テーマsixteenのメイン画面の投稿数を変更する方法

今年になってから使い始めた新テーマsixteen。

とても気に入ってるのですが、メイン画面の「RECENT POSTS」に表示される投稿数の数が5つになっていて、微妙に1画面に収まらないので変更したいと思ったものの、テーマのカスタマイズ画面では設定変更できずCSSいじる必要あるのかな?と調べてみたら、公式サイトのsupport掲示板に方法が載ってた。

Q.How to change the number of Recent posts displayed on the main page. Now displays 10 and 12 need.

A.Settings > Reading > Blog pages show at most x Posts.

https://wordpress.org/support/topic/number-of-recent-posts

WordPress自体の設定で変更するだけ。テーマ関係なかった(笑)

 

自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)
池谷 裕二

4062579537

関連商品
大人のための図鑑 脳と心のしくみ
脳はこんなに悩ましい (新潮文庫)
現代免疫物語beyond 免疫が挑むがんと難病 (ブルーバックス)
脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!
意識と無意識のあいだ 「ぼんやり」したとき脳で起きていること (ブルーバックス)
by G-Tools

[WordPress] ブログ丸ごとコピー用プラグインDuplicator(ミニバード編)

新規ブログを作るにあたり、既存ブログのデザインやプラグイン設定をそのまま利用する方法がないかを調べたところ、ブログを丸ごとコピーすることができる便利なプラグインとして評判の「Duplicator」に出会った。

本来の使い方は、テスト環境で作成したブログを本番環境へコピーするような場合に使うようだが、今回のように設定を丸ごとコピーする場合(不要な記事や画像はコピー後に削除)やバックアップにも使えて便利。

インストール方法と使い方

は、とても簡単なので割愛。

一応、参考にしたサイトはこちら↓

感動した!WordPressの引越し作業が一瞬で終わるプラグイン「Duplicator」

Duplicator – WordPressを複製して簡単にサーバー移転ができるプラグイン

ミニバードにおえる注意事項

基本的な設定は上記サイトに従えばよいが、ミニバードで使うにあたって3点ほどハマったのでメモ。

  • FTPアップロード

Duplicatorプラグインを利用してコピー元のブログのデータをアーカイブして、コピー先のブログのサーバへコピーする必要があるのだが、ミニバードで用意されているWebFTPからだと何度やってもアップロードエラーが発生。

仕方ないのでFTPアプリケーションを起動してアップロードすると成功。

WebFTPで失敗する理由は不明。

  • コピー先サイトのデータベース情報

ブログをコピーするにあたり、コピー先のDuplicatorプラグインに登録先データベースの情報を入力する必要があるのだが、ホスト名には「MYSQLホスト名」を入力する。

間違えてホスト名を入力すると、ダメなので注意。

  • wp-config.phpの削除

折角なのでこれもメモ。コピー先でduplicatorを実行しようとした際に以下のようなエラーが発生。WebFTPでコピー先サイトにログインし、wp-config.phpを削除すればOK。

INSTALL ERROR!
A wp-config.php already exists in this location. This error prevents users from accidentally overwriting the wrong directories contents. You have two options:
Empty this root directory except for the package and installer and try again.
Delete just the wp-config.php file and try again. This will over-write all other files in the directory.

 

WordPressプラグイン & WebAPI 活用ガイドブック [Version 3.x対応] WordPressプラグイン & WebAPI 活用ガイドブック [Version 3.x対応]
星野 邦敏 西川 伸一

翔泳社 2013-01-29
売り上げランキング : 280056

Amazonで詳しく見る by G-Tools