[TIPS] 新幹線の自由席に座れる確率を2割上げる方法

今年の夏に実家に帰省する予定が出来たので、新幹線の割引チケットでも探そうと色々と調べていたところ、自由席に座れる確率を確実に上げる方法を入手したので、ご紹介します。

その方法とは、「偶数号車の列に並ぶだけ」です。

これで、なぜ確率が上がるかと言いますと、、、実は新幹線の座席数は号車によってそれぞれ異なり、偶数車の座席数の方が奇数車の座席数よりも、少し多いらしいのです!!!

(この情報は、格安旅行.com さんで紹介されていました。ありがとうございます。)

本当にそうなのか?新幹線の座席数が載っているサイトはないか?と調べたところ、ありました。

以下、21新幹線情報館さんで、東海道・山陽新幹線N700系の座席数をチェックした結果です。

(赤字が自由席の偶数車両、黒字が偶数車両)

1号車 普通車(禁煙車) 定員65名
2号車 普通車(禁煙車) 定員100名
3号車 普通車(禁煙車) 定員85名
4号車 普通車(禁煙車) 定員100名
5号車 普通車(禁煙車) 定員90名
6号車 普通車(禁煙車) 定員100名
7号車 普通車(禁煙車) 定員75名

8号車 グリーン車(禁煙車) 定員68名
9号車 グリーン車(禁煙車) 定員64名
10号車 グリーン車(禁煙車) 定員68名

11号車 普通車(禁煙車) 定員63名
12号車 普通車(禁煙車) 定員100名
13号車 普通車(禁煙車) 定員90名
14号車 普通車(禁煙車) 定員100名
15号車 普通車(禁煙車) 定員80名
16号車 普通車(禁煙車) 定員75名

マ、マジだーーーーーーー。

奇数車が63名~90名なのに対して、偶数車は最後尾を除いて全て100名。

平均すると2割程度、偶数車両の座席数の方が多いようです。

これで、今年の夏の自由席確保は確実だなー。

※もちろん、どの号車に並ぶかは自己判断でお願いします。

[英語] 大人買い!

たまに本をまとめ買いしたくなるんだが、今回はいつになく大量に買ってしまった。

しかも真面目系なものばかり。

中には、今これ買っていつ読むんだ?!みたいなものもあるけど。

とりあえず、これでTOEIC受験対策準備は完了。

後は、やるだけ。

[英語] TOEIC SQUAREのくらべるスコアが面白い

TOEICテスト申し込み時にお世話になる(登録が必要となる)TOEIC SQUAREのサイトがリニューアルしたそうです。

ウォール・ストリート・ジャーナルから気になる記事をピックアップして英語と日本語で紹介する「Business Key Trends」や、世界で活躍している注目のあの人へのインタビュー記事が載っている「Inteviews with Key People」など面白そうです。

中でも、自分のTOEICスコアを入力すると、年齢や職種や日常生活での英語使用有無(割合)など様々な属性で比較して、自分が上位何%に入っているかを表示してくれる「TOEICくらべるスコア」は、今後の目標設定に役立ちそうです。

前年度のTOEIC公開テスト全受験者の結果と比較した結果とのこと。

試しに5年前のテスト結果を元に、複数の条件を同時に指定できる「詳細条件で比較」を試してみたところ、結果は・・・「あなたは、上から54%のラインにいます。」だそうです。

6月のTOEIC受験後には再チェックしたいですね。

[成増] イタリアンレストラン:ガレリア

先日、外観がお洒落で気になっていたイタリアンレストランのガレリアへ行ってきました。

ベビーカーで大丈夫かな?と心配していたのですが、たまたま空いていたようで、大人数用のテーブルに案内してもらえました。

中はこんな感じ。写真では全然伝わりませんが、とってもお洒落。

夜メニューも気になります。

ランチセットのサラダ。ボリュームたっぷりなのが嬉しい。

ぺペロンチーノ。激うま。

クリームパスタ。こっちは大盛り。

味は若干濃い目ですが、食べたメニューは外れなし。

今度は夜にも行ってみたいです。