[読書] システムインテグレーション崩壊

システムインテグレーション崩壊 ~これからSierはどう生き残ればいいか?

なんとも挑戦的なタイトルで、煽り満載かなと思ったのですが、中身は至って誠実。

 

Sierの仕事と役割、ユーザ企業との関わり、ビジネスモデルについてをあらためて整理した上で、クラウド時代で否応なく変化を求められている現状、そしてどうすればSier企業が生き残っていけるかのヒントまでを丁寧に解説してくれています。

 

テーマはSI崩壊ですが、著者のITビジネスに関する愛が溢れているように感じて、すっかりファンになってしまいました。

 

良本です。

 

目次

(目次)
第1章 システムインテグレーションが崩壊へ向かう3つの理由
SIビジネスに内在する「構造的不幸」
開発リスクは増大し,案件規模は縮小する
既存の収益モデルを脅かす新しい技術や市場
コラム コモディティ化

第2章 ビジネスの変革を妨げる壁
SI事業者に内在する3つの壁
ユーザー企業に内在する3つの壁

第3章 資産ビジネスからサービスビジネスへ
サービスビジネスへのシフトが期待される理由
自社の付加価値をサービスとして提供するには
サービスを直販する
よそ様のサービスを売るだけでは儲かりません ~株式会社グルージェントの事例
「SIビジネス」を2つに分けて考える
新しい3つの収益モデル
クラウドやOSSの普及で,サービスビジネスへのシフトは容易になる
コラム サービスビジネスでは「個人力で売る」方法が通用しなくなる

第4章 クラウドを活用する
「自家発電モデル」から「発電所モデル」へ
なぜTCOを削減できるのか
基幹業務でも使われるようになりつつある
日米のビジネス環境の違いから読みとく「クラウド導入の壁」
「効率化・コスト削減への期待」は受け入れられない
クラウドで変わるITの常識にうまく対処して,その価値を引き出す
3つのクラウドビジネスモデル
受託開発が嫌いなんです ~某中堅ITベンダーの事例

第5章 オープンソースソフトウエアを活用する
伸びないIT市場の中で突出した成長が見込まれる分野
なぜ,OSSが支持を集めているのか
OSSを利用するメリットとは
Consume(消費)からContribute(貢献)へ

第6章 グローバル化に対応する
海外展開にはガバナンスの確保が不可欠
現場に最適化されたプロセスはグローバル展開の足かせになる
文化の違いを理解しなければ失敗する
グローバルなリソースを活用できなければ淘汰される

第7章 新たな存在意義と役割へシフトする
お客様のCIOの役割を果たす
ウォーターフォール型の開発プロセスでは新しい価値を発揮できない
「アジャイル型請負開発」で高品質・短納期・利益拡大を両立させる
なぜ,アジャイル開発が受け入れられないのか
日本人が得意とする「改善」をシステム開発で使わないのはおかしい ~NPO法人  ドットNET分散開発ソフトピア・センターの事例
サービスビジネスにはマーケティングが不可欠
ソリューション営業で差別化できる時代の終わり
ソリューション営業からイノベーション営業へ
未知のニーズや課題に向かい,変革のプロセスに関わる
変革の推進者を味方につける

第8章 ポストSIの事業・組織・人をどう創るか
組織の収益区分や業績評価の基準を変える
ソリューションではなく「コンセプト」と「デザイン」に気を配る
新規事業プロジェクトの進め方
「自前主義」の限界を突破する
若い人たちにチャンスを
みんなの力で会社を変える ~日本ユニシスの事例

 

メモ

  • 新しい3つの収益モデル:「サブスクリプション」「レベニューシェア」「成果報酬」
  • クラウドは使えないという都市伝説
    • セキュリティが心配
    • ネットワークパフォーマンスが不安定
    • 既存システムからの移行に手間がかかる
  • 3つのクラウドビジネスモデル:「クラウドプロバイダー」「クラウドアダプター」「クラウドインテグレーター」
  • アジャイル開発とは、自分達の仕事の効率や品質を高めていくための自律的な改善活動であり、仕事との向き合い方
  • ソリューション営業からイノベーション営業へ
    • お客様の課題やニーズを起点にするのではなく、変化したいという思いを形に変えるお手伝い

[資産運用] 2017年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品

毎回更新を楽しみにしている水瀬さんのブログにて、表題のタイトルの記事がアップされていたので、試しに自分の資産状況も確認しつつ記事にしてみました。

ポートフォリオ

理想のポートフォリオというほどではないですが、ざっくりと日本株式、日本債券、海外株式、海外債券それぞれ均等(25%)くらいが分かりやすくて良いんじゃないかなーと思っているのですが、実際はかなり違うことが分かります(汗)

まず、現状は日本株式の割合が多すぎですね。

これは、自分がインデックス投資を始めたのはまだ最近(2013年くらい)で、それまでは日本株式(と外貨預金)を中心に資産運用していたので、理想とのギャップを埋めきれていないためです。

ポートフォリオを意識しだしたのも、ここ数年ですね。

毎月の積立投資にて、少しづつ海外株式の割合を増やしていこうとしてるのですが、、ペースが遅すぎなのが悩みどころです。

なお、ファンドの海さんに公開されているツールで現状のポートフォリオを確認したところ、「期待リターン:3.61%」「リスク:11:54%」となっていました。

これを理想のポートフォリオ(全クラス25%づつ)で確認すると、「期待リターン:3.67%」「リスク:9.84%」となるようです。

ふむ、なるほど。リターンがあがって、さらにリスクがぐっと下がるという予測。

できるだけ、ここに近づけていきたいところです。

 

2017年12月末時点の主な投資商品

楽天証券さんにて、以下のインデックスファンドを毎月一定額積立投資してます。

・たわらノーロード 日経225

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド

外国株式インデックスに割り当てを多くはしているのですが、理想ポートフォリオに近づけるためには、もっと外国株式クラスに振り分けないといけないとあらためて感じました。

候補としては、最近話題の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」あたりにしょうかと。

 

株式クラス資産の推移

水瀬さんの新著「お金は寝かせてふやしなさい」にて公開されていた資産表に衝撃をうけたと共に、自分の資産運用の結果と見比べてみたくなり、記録が残っている2003年からの資産推移を確認してみました。

前提として、証券口座にある日本株式クラスと外国株式クラスのみを確認した結果です。

さすがに資産額までは公表できないので、元本とリスク資産(評価額)の推移のみです。

“[資産運用] 2017年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品” の続きを読む

[海外旅行] ユナイテッド航空の特別機内食で子供用チャイルドミールを予約してみた。

ユナイテッド航空での機内食で子供用チャイルドミールを予約してみた。基本的にはホームページに書いてある通りなのだが、手順が若干わかりづらかったのでメモ。

ルール

ユナイテッド空港マイレージサービスのHPより

ユナイテッドでは、ご朝食/ご昼食/ご夕食をお出しする路線のうち、特定の路線で特別機内食をご用意しております。特別機内食は、予約時にリクエストしていただくか、または現時点の予約にリクエストを追加していただけます。特別機内食を提供可能なフライトの場合、マイレージプラスアカウントにサインイン後、予約プロセスの中で特別機内食をリクエストしていただけます。マイレージプラスアカウントをお持ちの方は、プロフィールに特別機内食のご希望を追加していただけます。

 

手順

  1. ユナイテッド航空マイレージサービスのHPにログイン
    ※会員でない方はここで会員登録
  2. 「現在の予約」欄にある「詳細」を選択
  3. 「ご搭乗者」の一覧にて、機内食を指定したい人の「旅行者情報の変更」を選択
  4. 「ご希望の機内サービス/リクエスト(オプション)」欄にある「特別食のリクエスト(ご利用可能な路線のみ)」のリストボックスから、希望する機内食を選択
    ※今回はチャイルドミールを選択したが、他に宗教上の意向にあわせた料理やベジタリアン向けなども用意されている
  5. 「送信」ボタンを忘れずに押して、予約完了!

後は当日、飛行機に乗って指定通りの機内食が提供されるのを願うのみ(笑)

 

マイレージ、マイライフ [DVD]

マイレージ、マイライフ [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-03-09
売り上げランキング : 43115

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[海外旅行] ESTA登録時間の目安とお奨めの入力方法

海外旅行のために久しぶりにESTAの登録をしたのだが、思いがけず時間がかかったので、いつかの為にメモ。

登録すべきか?

YES。

申請が任意の地域もあるが、申請しておけば航空機内で記入する書類が少なくなるし、入国審査が早くなりやすい(らしい)。

閑散期だと時間に関してはあまり変わらないという噂もあるし、一人14ドルは安くはないが、せっかくの海外旅行での「大切な時間」と「安心」をお金で買うと思えばやった方がいいんじゃないかと。

 

登録にかかる時間の目安は?

人数×最短でも10分 は覚悟した方がよい。

ただし、上記に登録情報を揃えるための準備時間を含んでいないので、注意。

パスポート情報や登録者の氏名・生年月日はもちろん、過去の勤務先や渡航先の住所など抑えておくべき情報は意外に沢山あるので、これをあらかじめ調べておく必要がある。

しかも、ESTAの入力画面はモッサリしているので調べながら登録していると効率が悪い(運が悪いとハングなんてことも?)

 

自分の場合は、あまりのモッサリ感にその日は入力を諦め、登録項目の内容をExcelに一覧化してから改めて登録した。

こうしておけば、次回にも必要となる情報が手元にデータとして残るし、おすすめ。

 

参考:今回作成した入力項目の一覧

※入力項目は変更される可能性があるので注意

申請者/パスポート情報



性別
他の名前または別称を通用していますか?
生年月日
出生した市区町村名
出生国
パスポート番号
国籍
発行日
有効期限
発行した国
どこか他の国から、これまでに渡航用のパスポートまたは国家身分証明書を発給されたことはありますか?
別の市民権・国籍
これまでにどこか他の国の市民または国民だったことはありますか?
あなたはCBP Global Entryプログラムのメンバーですか?

両親




あなたの連絡先情報

ホームアドレスライン1
市区町村
州/都道府県/地方

電話のタイプ
国番号+電話
電子メールアドレス

勤務先情報

現在または過去に勤務経験がありますか?
雇用主名
ホームアドレスライン1
市区町村
州/都道府県/地方

渡航情報の入力

米国への渡航目的は、他国へ乗り継ぐためですか

米国内の連絡先情報

氏名(宿泊先)
ホームアドレスライン1
市区町村
都道府県
電話番号

米国内および米国以外の緊急連絡先情報



電子メールアドレス
国番号+電話

適格性についての質問

ポケット版 ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブック
海外旅行情報研究会

ポケット版 ひとめでわかる! 海外旅行安心ハンドブック
永岡書店 2013-04-19
売り上げランキング : 8151

Amazonで詳しく見る by G-Tools