[読書] スタンフォードの自分を変える教室

数年前に話題になった「スタンフォードの自分を変える教室」を読んだ。

海外の翻訳本は堅苦しい文体になりがちだけど、この本は扱うテーマは「意識」だったり「脳の仕組み」だったりと難しいながら、非常に読みやすかった。各章にまとめがある構成も良かった。

  • 出世も勉強も寿命も「意志力」が決める。
  • やるべきことは何か?それができないとしたら理由はなにか?
  • 健全な精神は、健康な肉体に宿る。
  • どんな時にでも強さを与えてくれる力=「望む力」
  • 道徳的な善し悪しよりも、自分の目標や価値観に従って行動する。
  • 誘惑に負けそうな時は、将来の報酬への影響を意識する。
  • 意識は周りの影響を受けやすい。良い影響を与える人・情報に触れよう。
  • 欲求は受け入れよ。ただし、従う必要はない。
  • 自分の意識を見つめてコントロールせよ。

 

スタンフォードの自分を変える教室 スタンフォード シリーズ
スタンフォードの自分を変える教室 スタンフォード シリーズ

 

Kelly McGonigalさんがこの本(オリジナル)をテーマに(google社で?)語ってる動画がアップされていたのでメモ。

 

[イクメン] 自分で考えられる子供を育てる方法

フリーペーパーの「あんふぁん」に載ってた記事が印象に残ったのでメモ。

STOP!先回り育児

子供のやることに先回りばかりしていると、子どもが本来もっている「自分でやりたい」という気持ちが奪われて、自立心が育たなくなってしまう。

ありがちなケース

  1. 時間がないときに親が代わりに着替えさせる
  2. 「まだ無理」と思うことはやってしまう
  3. 周りを汚しそうなことは親がやってしまう
  4. うまくできていない時、いいやり方を教えてしまう。

たしかに、よくやりがち。

 

先回りしないための4つの心得

  1. 親が手を出すのは「やって!」と言われた時だけ
  2. 忙しい時は事情を説明して親がやってOK
  3. 子どもが自分で選ぶチャンスを増やす
  4. どれだけできたかという結果より、失敗する過程が大事

うん、心がけてみよう。

やってあげる育児から見守る育児へ―今、問われる親子の距離感 (子育てサポートブックス)
藤森 平司

やってあげる育児から見守る育児へ―今、問われる親子の距離感 (子育てサポートブックス)
学習研究社 2004-06
売り上げランキング : 819448

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[株主優待] オリックスのふるさと優待カタログギフト

今年初購入したオリックスから株主優待が届きました。

オリックスさんの株主優待は少し特殊で、

株主カードのご提示により、オリックスグループが提供する各種サービスを割引価格でご利用いただけます。
レジャーやビジネスなど、さまざまなシーンで有効期限内に何度もご利用いただけます。

という特典のついた株主カードに加えて、

「ふるさと優待」は、オリックスグループの全国のお取引先が取り扱う商品の中から、オリックスが1地域1商品、名産品を厳選してカタログギフトに仕立て、対象となる株主の皆さま(※)に、その中からお好きな商品を1点お選びいただく株主優待制度です。また、100株以上を3年以上継続保有いただいている株主の皆さま(※)には、ワンランク上のカタログギフトをお届けします。

がもらえます。

そんなわけで今回は、長野支店推薦の「ジャム&スプレッドギフト」を選んでみました。

20160917_104625

どれも味わい深くて美味しいけど、黒ごまバターがとくに良い。

株価もこのところ堅調に推移しているので、このまま長期保有して3年以上保有コースを目指す予定。

ありがたいことです。