[映画] 堺雅人、香川照之のダブル主役!鍵泥棒のメソッド

先日テレビでやってましたね「鍵泥棒のメソッド」。

堺雅人、香川照之という半沢直樹の名コンビに、広末涼子(こちらも堺雅人とリーガルハイ繋がりだ!)の三人による痛快コメディ。

名前だけは聞いたことあって面白そうだなーと思ってたところなので、いいタイミングでの放送でした。

もうひたすら面白かった!

堺雅人扮する貧乏役者(役者にすらなれてないけど)と、香川照之扮する裏の世界で生きる便利屋(超お金持ち)の二人の人生が、ひょんな偶然から入れ替わり、、、と前情報はこれくらいでとにかく見るべし。面白い。

見終わった後にもしかしてこの映画の監督ってもしや・・・と思ったら、やっぱり内田けんじさん。

「運命じゃない人」で面白い映画作るなーと思って、「アフタースクール」ですっかりファンになってしまった(といいつつこの映画を作ったの知らなかったけど)わけですが、ぜひ今後も楽しい作品を世に送り出し続けて欲しいもんです。

これらの作品をまだ見ていない人が羨ましい!

鍵泥棒のメソッド [DVD] 鍵泥棒のメソッド [DVD]メディアファクトリー 2013-05-10
売り上げランキング : 219Amazonで詳しく見る by G-Tools
アフタースクール [DVD] アフタースクール [DVD]メディアファクトリー 2008-11-28
売り上げランキング : 1669Amazonで詳しく見る by G-Tools
運命じゃない人 [DVD] 運命じゃない人 [DVD]
井上恵一郎 エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-01-27
売り上げランキング : 30831Amazonで詳しく見る by G-Tools

[映画] オブリビオン(oblivion)

DVDを借りて見ました。

バリバリのSF設定でオチもよくある感じだけど、映像の美しさもあって楽しめました。

タイトルのoblivionってどういう意味だっけ?が気になりつつ映画を見てたんですが、今、調べてみたら

「忘れ(られ)ること; 忘れられている状態,忘却.」

だそうで。

映画を見終わった後だと、なるほどねーのタイトル。

ところで、ヒロインの女優さん(オルガ・キュリレンコ)が、真木よう子に見えてしかたなかったんだが、似てないかなー。

これから見るという方は、ぜひそこもチェックして欲しい。

Oblivion Oblivion
M83

Backlot Music 2013-04-08
売り上げランキング : 2209

Amazonで詳しく見る by G-Tools

週刊真木よう子公式本 (Gakken Mook) 週刊真木よう子公式本 (Gakken Mook)

学習研究社 2008-09-20
売り上げランキング : 226178

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[映画] 96時間:父親の愛は・・・凄すぎでしょ。

テレビでやってたので録画して見ました。

娘が海外で人身売買組織に拉致されてしまい、タイムリミットの96時間以内の奪還を目指して、パパが奮闘する話。

普通のパパなら絶対に助けられそうもないこのシチュエーションだけど、実はこのパパは政府の元工作員。しかも腕は全然なまってない。

昔の仲間の助けも借りつつ、どんどんと犯罪組織を追い詰める。

テンポのいいアクションで、映画全編、楽しめました。

このパパ役の人、あまり見たことないけど、味があって良かった。

それにしても、、、少し前に次回作が映画でやってたはずだから、この娘さんまた誘拐されちゃうんだろうな。

24のジャックといい、好奇心旺盛な年頃の娘を持つとパパは大変だわ。

96時間 [DVD] 96時間 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-12-19
売り上げランキング : 291

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[映画] 「127時間」を遂に見た。

<ストーリー>
誰にでも、人生のターニング・ポイントは必ずやってくる。アーロン・ラルストンの場合、それは自分の庭のように慣れ親しんだユタ州、ブルー・ジョン・キャニオンでの出来事だった。
金 曜の夜、いつものように一人で、ロッククライミングを楽しむため、ブルー・ジョン・キャニオンに向け出発した。だが、運命の瞬間が彼に襲いかかる。落石に 右腕を挟まれ、谷底から一歩も動けなくなったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野にむなしく呑み込まれ、持てる知恵と経験を総動員して岩を撤去しようと するが、ピクリとも動かない。 死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン。自分勝手に生き、決して心を開かなかった両親にも、友人にも、恋人にも――。
衰弱した身体を引き裂くように襲いかかる後悔、そして湧き上がる命への情熱。生きたい。生き直したい――!
そして生命の限界を超えた127時間後、遂に彼は〈決断〉する――。

 
ずっと前から気になっていたのですが、ようやく見ることが出来ました。

期待通りに面白かった!

冒頭はミュージックビデオのような展開で始まり、その後、主人公であるアーロン・ラルストンの魅力を存分に表現するシーンが続くわけですが、アクシデントは突然訪れます。

見る前からどういう展開になるかはわかってるわけですが、この映画の痛みの表現力はハンパなかった。

痛い、痛い、痛すぎる。

これが実話だっていうから、すさまじい。

でも痛みに負けずにぜひ見て、生きることへの執念と感動を味わって欲しい一作。

ところで、主人公を演じたのは、ジェームズ・フランコ。

この人誰だったけな?と思いながら見てたわけですが、スパイダーマンの親友役、後に敵役を演じた俳優さんでした。

127時間 [DVD] 127時間 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-06-22
売り上げランキング : 3251

Amazonで詳しく見る by G-Tools