[資産運用] 2017年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品

毎回更新を楽しみにしている水瀬さんのブログにて、表題のタイトルの記事がアップされていたので、試しに自分の資産状況も確認しつつ記事にしてみました。

ポートフォリオ

理想のポートフォリオというほどではないですが、ざっくりと日本株式、日本債券、海外株式、海外債券それぞれ均等(25%)くらいが分かりやすくて良いんじゃないかなーと思っているのですが、実際はかなり違うことが分かります(汗)

まず、現状は日本株式の割合が多すぎですね。

これは、自分がインデックス投資を始めたのはまだ最近(2013年くらい)で、それまでは日本株式(と外貨預金)を中心に資産運用していたので、理想とのギャップを埋めきれていないためです。

ポートフォリオを意識しだしたのも、ここ数年ですね。

毎月の積立投資にて、少しづつ海外株式の割合を増やしていこうとしてるのですが、、ペースが遅すぎなのが悩みどころです。

なお、ファンドの海さんに公開されているツールで現状のポートフォリオを確認したところ、「期待リターン:3.61%」「リスク:11:54%」となっていました。

これを理想のポートフォリオ(全クラス25%づつ)で確認すると、「期待リターン:3.67%」「リスク:9.84%」となるようです。

ふむ、なるほど。リターンがあがって、さらにリスクがぐっと下がるという予測。

できるだけ、ここに近づけていきたいところです。

 

2017年12月末時点の主な投資商品

楽天証券さんにて、以下のインデックスファンドを毎月一定額積立投資してます。

・たわらノーロード 日経225

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド

外国株式インデックスに割り当てを多くはしているのですが、理想ポートフォリオに近づけるためには、もっと外国株式クラスに振り分けないといけないとあらためて感じました。

候補としては、最近話題の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」あたりにしょうかと。

 

株式クラス資産の推移

水瀬さんの新著「お金は寝かせてふやしなさい」にて公開されていた資産表に衝撃をうけたと共に、自分の資産運用の結果と見比べてみたくなり、記録が残っている2003年からの資産推移を確認してみました。

前提として、証券口座にある日本株式クラスと外国株式クラスのみを確認した結果です。

さすがに資産額までは公表できないので、元本とリスク資産(評価額)の推移のみです。

“[資産運用] 2017年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品” の続きを読む

[資産運用] 「確定拠出年金の教科書」を参考に運用商品を変更してみた。

きっかけ

最近話題になることが多い確定拠出年金について、今更ながら本を読んでみました。

いくつか読んだ中では、山崎元さんの「確定拠出年金の教科書」が圧倒的にわかりやすかった。

確定拠出年金って何?という基本的な解説はもちろんのこと、お奨めの運用プランをズバリと(彼曰く、論理的に考えたら必ずこの結論になるとまで)書いてあって、とても参考になった。

 

実践

で、久しぶりに確定拠出年金の運用サイトにログインして、自分の選択商品を確認してみたところ、なんと彼がいう「地雷商品」をいくつか選択してしまっていたことが発覚。

あちゃー。

昨今のトランプ相場の好調さのおかげもあって、実はかなりのプラス評価ではあったのですが、銘柄選びをもっとしっかりしておけば、さらに大きくプラスになっていた可能性も・・・。

(って一年前にも同じようなこと書いてる。その当時は最適と思って選んだはずなんんだが購入手数料が2%て・・・。もしや規約が改訂された?!)

 

まぁ、やってしまったものは仕方ない。

これからもまだ続く長い運用期間を考えれば、このタイミングで気づけたことにむしろ感謝。

あらためて自分の選択可能な商品を眺めて、その中ではマシそうな「インデックスファンド海外株式***(DC専用)」を選択。

信託報酬は「年率0.3024%(税抜0.28%)」、購入時手数料はもちろん無料。

 

ついでに、マッチング拠出も限度額いっぱいで申し込み。

 

 

 

これでとりあえずの対策は完了。

また、たまには見返すことにしよう。

 

確定拠出年金の教科書
山崎 元 木口俊也

確定拠出年金の教科書
日本実業出版社 2016-06-09
売り上げランキング : 13237

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

↓の本を最初に読んだが、こっちは初心者向き。

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門
竹川 美奈子

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門
ダイヤモンド社 2016-10-07
売り上げランキング : 2128

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[株主優待] オリックスのふるさと優待カタログギフト

今年初購入したオリックスから株主優待が届きました。

オリックスさんの株主優待は少し特殊で、

株主カードのご提示により、オリックスグループが提供する各種サービスを割引価格でご利用いただけます。
レジャーやビジネスなど、さまざまなシーンで有効期限内に何度もご利用いただけます。

という特典のついた株主カードに加えて、

「ふるさと優待」は、オリックスグループの全国のお取引先が取り扱う商品の中から、オリックスが1地域1商品、名産品を厳選してカタログギフトに仕立て、対象となる株主の皆さま(※)に、その中からお好きな商品を1点お選びいただく株主優待制度です。また、100株以上を3年以上継続保有いただいている株主の皆さま(※)には、ワンランク上のカタログギフトをお届けします。

がもらえます。

そんなわけで今回は、長野支店推薦の「ジャム&スプレッドギフト」を選んでみました。

20160917_104625

どれも味わい深くて美味しいけど、黒ごまバターがとくに良い。

株価もこのところ堅調に推移しているので、このまま長期保有して3年以上保有コースを目指す予定。

ありがたいことです。